福岡の未来のために
「いいこと」「いいもの」
全力発信

消費者視点に立った
本質的なマーケティング施策を提案します

marketing1

 グローバリズムの変化、人口動態変化、健康に対する意識の変化など様々な変化があります。変化が起きてから業態変革をしていくのか、その変化を見定めながら業態変革を行なうのか、いずれにしても「行動」を起こしていかなければなりません。その行動は、会社の売上向上や地域振興など経営や運営をしていくうえで定める方向に向いていくことでしょう。
 分析によって定める方向が少しでも確実性が増せば、より強い指針となります。強い指針は「行動」を束ね、一丸となった想いは消費者に届きます。

表面的な分析では
期待する成果が得られない

marketing5

 顧客属性に加え、購買⾦額/頻度、利⽤商品サービスなど、購買結果に基づいて優良顧客などのターゲットを選定しても、企業のビジネス活動と消費者の購買結果の因果関係を検証するには不⼗分です。表面的な分析では自らに都合の良い情報のみを信じて行動しがちになります。それは誤った思い込みを生み出すことにつながり、企業経営を悪化させるリスクさえあります。

企業の外部環境、内部環境を調査し、
消費者視点で企業活動を評価します。

marketing10

 消費者の購買結果は企業活動に加え、マーケット、競合、販売チャネルの状況が複合的に関連してもたらされます。消費者情報分析では、こうした要因を緻密に分析し、企業の外部環境、内部環境を把握した上で、消費者視点で企業活動を評価。企業が抱えるマーケティング課題の根本的な原因を特定することができます。

マーケティング~プロモーションの流れ

marketing15

 御社の⼤切なお客様の満⾜度を上げることで、たくさんのファンを増やすことが出来ます。それが利益を生み出すことにつながります。そのパートナーとして四ヶ所がしっかりとサポートいたします。

PAGE TOP