デザイン

デザイン

私たちの姿勢

 私たちは、生活者に共感をいただけるようなデザインをクリエイティブしていきたいと考えています。このためには、生活者のことをデザイナーが知ることは大切です。私たち、デザイナーは「知る」ために生活者と同じ体験をする必要があると考えています。
 生活者と同じ境遇を経験することは、思考では得ることの難しい感覚を覚えることができるためです。この感覚を具体的なビジュアルに表現することが、共感のできるクリエイティブであり、物やサービスと人をつなげることができるコミュニケーションとなります。

私たちは、生活者がお客様の商品やサービスを心の底から好きになり、生活者とお客様が共にハッピーになることを目指しているデザイナーです。

デザインに必要なマーケティング

 消費者は、概念的な言葉であり、情報を伝えるには数が大きすぎる言葉です。消費者は、コミュニケーションしやすい「ターゲット」に絞らなければなりません。ターゲットを決める手法は、マーケティングに含まれます。
 マーケティングによってターゲットを選定すると、共感できる良いデザイン作りの環境が整います。逆を言うと、ターゲットを選定しなければ、消費者に共感をいただくデザインを創造することは難しいといえます。マーケティングは、伝わるデザインに必要な項目だと考えています。

マーケティングは、数字や計算だけを意味する手法ではありません。当社のマーケティングの捉え方を簡単に説明します。

多様性を認める社会

 多様なメディア媒体、多様な働き方、多様な趣味、多様な社会を認めることは、様々な価値があるということにほかならず、多様性が将来普通になるのだとしたら、それぞれの価値を認める世になることだと思います。コミュニティがある分だけ文化があり、その文化の数以上に、生き甲斐があるのだと思います。

私たちは多くの文化向上を目指し、皆様と幸せを目指すデザイナーです。

制作実績