G段ボールのオフセット印刷

 G段ボールは、Gフルートと呼ばれ国内最薄のダンボールです。厚みが、約0.9mmでオフセット印刷が可能なため、写真やグラデーションの再現性が高いことから、デザインの幅を広げることができます。ダンボールへの印刷は1色や2色が多くシンプルなデザインが多いですが、フルカラーで華やかな印刷ができます。ダンボールは、中芯とライナーがありますが、ライナーの素材を変えるなどデザインを追求することができます。

ダンボールへの印刷は、グラビア印刷やフレキソ印刷が主流ですが、これらは大ロット向きの印刷手法と言えます。これに対し、オフセット印刷だと、小・中ロットへの対応が行い易いため、新商材などの梱包材などにも有効です。

G段ボール活用のメリット

環境にやさしい取り組みとしてもメリットや企業のコストメリット、ユーザーが受けるメリットなどを考えることができるのではないでしょうか。下記に3つのメリットをご紹介します。

ダンボールは、多くの地域で無料回収が行われているほど、リサイクル率が高い素材ですので、利用者が気軽にリサイクルできるパッケージです。

Gフルートは、他のダンボールより軽量のため輸送コスト削減につながる可能性があります。

板紙は緩衝性が少ないことから、別に緩衝材を用意しなければなりませんが、Gフルートにすると緩衝材を無くすことが検討できます。

良い点ばかりではありません。もちろんGフルートが適切でない場合もございます

  • 梱包物の重さや大きさでGフルートが適切かなどのご相談
  • パッケージ仕様のご相談
  • 板紙パッケージから置き換えのご相談

「ダンボールの代替」より、『そのまま送れるパッケージ』としてご活用をお考えのお客様は、お気軽に担当営業または、お問い合わせフォームからご連絡ください。